男性の薄毛女性の薄毛違い

FGF7って?

髪の毛が生えてくる周期は、成長期、退行期、休止期を繰り返しています。

 

これはつまり、髪の毛が生えてくる機関から、だんだんと成長が止まり、
完全に成長が止まってしまう期間を言います。

 

 

これが一般的に言われる部屋サイクルとなります。
男性型の脱毛薄毛の場合、成長期がだんだんと短くなってしまい、
しっかりとした髪の毛が成長しなくなり産毛になりつつあるのが特徴です。

 

 

しかしながら、女性の場合でも、更年期後にはこういった男性タイプの薄毛も確認されます。

 

 

女性の薄毛に多い原因としては、髪の毛が成長しない休止期間が長くなってしまい、
産後脱毛等によって抜けた髪の毛が次回生えてくるまでに長時間を必要とするため、
全体の本数が減ってしまうことになります。

 

 

薄着になってしまう原因を大きく考えると、
毛乳頭で現れている髪の毛の成長を促してくれる因子が低下していることが認められます。
この因子をFGF7といいます。

 

 

 

年齢を重ねることによってヘアサイクルのバランスは変化が起きてきます。

 

 

40代までは成長期が髪の毛の全体で考えたときにほとんどを占めていますが、
60代を超えてくると成長期が半分程度になってしまいます。

 

 

 

さらにこれに伴い休止期間が長くなってくるため新しく髪の毛が生えてくるまでの時間が長くなります。
成長期に髪の毛が伸びるスピードも、若い頃と比較すると20パーセント程度、低下するとされています。

 

 

 

しかしながら、具体的にこういったヘアサイクルの変化が起きる大きな原因ははっきりとしていないのが実情です。

 

 

男性の薄毛と、女性の薄毛は根本的な部分で行動が違っているため、
育毛剤などを使用する際には全く違ったアプローチを取る必要があります。

 

 

 

この部分を覚えておくことが大切です。薄毛を背負うと思うと、育毛剤や、
医療的な施術を行うことが多いでしょう。具体的には、髪の毛の成長を促してくれるfgf7因子の活性化と男性ホルモンのバランスを抑制する必要があります。

 

 

また自分でできる方法としては、やはり頭皮マッサージで血流を促してあげることが良いでしょう。

 

 

頭皮が硬くなってしまっているといった実感がある方の場合、
まずはご自分で専用の育毛剤などをつかりながらマッサージを心がけるのが良いでしょう。

 

 

 

この時男性専用の育毛剤、女性専用の育毛剤があるのでしっかりと性別に分けて選ぶことが重要です。